やけど

一口にやけどといっても、深さは様々です。
日焼けもやけどの一種ですし、熱湯をこぼしてしまった時の水ぶくれも中程度のやけどです。
火事などで命に関わる大やけどもあります。
日常的の中で最も発生数の多いのが、中程度のやけどです。
中程度のやけどは、応急処置の的確さやその後の治療により、目立たなくさせることも可能なので
必ず形成外科を受診してください。

やけどを負った際の応急処置

まずは、よく冷やすことです。熱湯などがかかった場合、衣服を取り除き、流水で30分間よく冷やしてください。
この時、他にもやけどしている部分がないか、見逃さないように注意してください。
やけどした部分をマキロンなどで消毒し、ぬれタオルをかけてさらに冷やしてください。
その後、かかりつけ医院に連絡し、指示を仰いでください。

治療

抗生物質の内服や、抗生物質入りの軟膏を塗ります。
また、傷の状態を見て、シャワーで傷を洗い流したり、薬浴をしたりします。
傷の管理は、形成外科専門医が行います。

ケロイド防止

治療後、傷の様子を見ながらケロイドになりそうでしたら治療を続けます。

圧迫療法

傷が盛り上がってくることが予想されるので、時期を見て圧迫療法を開始します。
医療用のスポンジを傷の上にあて、テープや弾力包帯などで圧迫します。

内服療法

厚生労働省が唯一認めたケロイドに効果のある薬があります。
長期にわたる内服が必要ですが、高い効果を期待することができます。

注射療法

ケロイド部位にステロイドを注入し、赤く盛り上がった部分を柔らかく平らにしていく治療ですが
痛みが強いので当クリニックではあまり行いません。

テープ療法

ステロイドの入った透明のテープをケロイドの場所に貼ります。
ステロイドを皮膚から吸収させてケロイドを柔らかくしていきます。
ステロイドは血管新生作用や、皮膚を薄くしてしまう作用があるので、
傷の状態をよく観察しながら副作用が出ないように十分注意しています。