あざ

皮膚が部分的に変色している部分を総じて「あざ」といいます。
肘や膝などを強く打ち付けた時にできる内出血が一般的なイメージですが、
あざには、生まれつきあるもの(先天性)と、後から出てくるもの(後天性)があります。

あざの種類

黒あざ(色素性母斑等)

黒あざの代表的なものはホクロです。(色素性母斑等)
黒いあざが急に大きくなったり、出血するような場合はすぐに医療機関を受診してください。

青あざ(蒙古斑・太田母斑等)

真皮内に、メラニン色素を生成するメラサイトがあることで起こります。乳幼児に見られる「蒙古斑」が代表的です。
ただし、稀におしり以外に青あざが出現し、そのまま残ってしまうことがあり、これを「異所性蒙古斑」と呼びます。

赤あざ(血管腫等)

血管内部の毛細血管の増殖により発生するあざです。赤く盛り上がったタイプのものは「イチゴ状血管腫」、
赤ワインのような赤色が広がったタイプのものは「単純性血管腫」その他には「海綿状血管腫」等があります。

茶色あざ(扁平母斑・伊藤母斑等)

扁平母斑と呼ばれ、通常は茶色ですが、茶色のあざの中に直径1mm程度の小さな黒い点が混在することもあります。ほとんど生まれつきに存在しますが、思春期になって発生する場合もあります(遅発性扁平母斑)。先天性、遅発性の扁平母斑とも、悪性化することは通常ありません。

治療・アドバイス

  • レーザー技術の進歩により、多くのあざの治療が可能になってきました。最先端を行くレーザー治療により、以前は治すことが出来なかったあざも治療可能となっています。(保険適応の場合もあります)
  • あざの種類によっては、治療した方が良い場合もあります。ご相談下さい。