巻き爪(保険適応)

巻き爪とは、爪の端が皮膚に食い込んで痛くなる状態をいいます。
主に、きつくて先の尖った靴や深爪、感染や化膿や水虫、冷え性などが原因になります。
また、巻き爪の方は、爪を切るとき、深く切りすぎて化膿することがあります。
これらを繰り返していると、爪の食い込みがどんどんひどくなり、歩くこともつらくなります。

手術方法

  • 当クリニックでは、フェノール法です。(保険適応)
  • 手術時間は約10分程度
  • 手術後の痛みはほとんどなく、患者様への負担も小さくすることができます。
  • 入院の必要はありません。翌日から歩き回る仕事をすることもできます。

術前・術後の注意点

  • 手術当日は、足に包帯を巻きますので、大きめのサンダルを持参、または履いてご来院ください。
  • 帰宅後、包帯に血がにじんでもそのままにしておいてください。
  • 翌日、翌々日に来院していただき、消毒、ガーゼ交換をします。
  • 当クリニックの再発率は、0.3%。再発はほとんどありません。