ホクロ

ホクロは、人体の様々な場所にできます。ほとんどの場合、放置していても問題ありませが、
ごく稀に悪性化することがありますので、ご注意ください。
ダーモスコピー等でよく観察した後に治療方法を決定いたします。

ホクロの主な種類

顔面のホクロ

ほとんど場合、悪性化することはありません。
しかし、顔面でも目のふち・唇・舌・口の中のホクロは悪性化する危険性があります。
ホクロの大きさや形を観察し、急に大きくなったり、自然と出血するような場合は必ず受診するようにしてください。

手のひら・足のうらのホクロ

要注意です。特に、5mm以上の大きさのホクロは検査が必要です。
小さいホクロはよく観察し、急に大きくなった場合は必ず受診してください。

陰部のホクロ

粘膜にあるホクロは、要注意です。必ず受診してください。

その他の部位のホクロ

放置しても大丈夫です。ただし、急に大きくなったり、自然と出血する場合は必ず受診してください。

ホクロの治療

凝固法

小さなホクロは、サージトロンで凝固切除します。
美容目的のホクロ除去は基本的に保険が適応されません。

取り方 サージトロンで凝固切除(2~3分でとることができます)
治療
再発 たまにあり
血液検査 なし
病理検査 医師の判断
抜糸 なし

ホクロをとった後の注意

  • 洗顔、洗髪、お風呂はいつも通りでかまいませんが、とった場所はこすらないようにしてください。
  • 2~3日、血がにじむことがあります。ティッシュやガーゼなどで押さえておくと血は止まります。
    入浴・洗顔後ぬり薬を少しつけてから、茶色のテープを貼っておいてください(1~2週間程度)。
    テープの上からお化粧しても構いません。
  • 約1週間後に来院してください。とったところをチェックします。
  • 2週間目以降は、とった場所に日焼け止めクリームをぬって紫外線を防止してください。お化粧はいつも通りです。
  • ホクロの細胞が皮膚の深いところにある場合、再発してくることがあります。
    従って、1ヶ月後、3ヶ月後のチェックは必要です。

切除縫合法

大きさが5mm以上ある場合、ホクロをメスで切除し、皮膚を縫合します。(切除縫合)
大きい場合や、医学的にとった方がよいホクロは保険適応になります。

取り方 メスで切除・縫合(要予約)
治療
再発 なし
血液検査 あり
病理検査 あり
抜糸 あり(約7日目)