多汗症・原発性腋窩多汗症

わき汗や、顔や手足の多量の汗に悩んでいる方はたくさんいらっしゃいます。
汗が多くて日常生活に支障をきたしたり、制汗剤をお使いの方も多いと思いますが、内服薬や外用薬で治療ができます。
お気軽にご相談ください。汗のにおいが強くて気になる方もご相談ください。

原発性腋窩多汗症とは

原発性腋窩多汗症とは、汗の量が多くなる原因となる病気や障害がないのにもかかわらず、
多量のわき汗に 悩まされる疾患です。
シャツに汗染みができるなど、日常生活に支障をきたすほど多量の腋窩(わき)の汗が、
明らかな原因がないまま6ヵ月以上みられ、以下の6つの症状のうち2項目以上あてはまる場合
「原発性腋窩多汗症」と診断しています。

原発性腋窩多汗症の診断基準

  • 最初に症状がでたのが25歳以下であること
  • 左右両方で同じように発汗がみられること
  • 睡眠中は発汗が止まっていること
  • 1週間に1回以上多汗の症状がでること
  • 家族にも同じ疾患の患者さんがいること
  • わき汗によって日常生活に支障をきたすこと

多汗症・原発性腋窩多汗症の治療

外用薬

【保険適用】
エクロックゲル5%・ラピフォートワイプ2.5%

スティックタイプのエクロックゲル5%や、シートタイプのラピフォートワイプ2.5%は、
原発性腋窩多汗症に対する保険適用の外用薬です。
1日1回脇に塗布するだけで汗を抑えられる、使いやすい外用薬です。

【保険適用外】塩化アルミニウム液

塩化アルミニウム液は、多汗症の治療薬として古くから使われています。
汗腺をふさいで汗を抑える薬で、脇以外にも手足など汗の気になる部位に使用できます。
塩化アルミニウム液は汗を抑えるだけでなく、殺菌効果もあるので、軽度のワキの臭いにも効果があります。
まれにかぶれる方がいらっしゃるので注意が必要です。
保険適用外のお薬で、処方箋料の他に調剤薬局では100mlで1,100円程度かかります。

内服薬

【保険適用】プロ・バンサイン15mg

プロ・バンサインは、日本で唯一、多汗症に対して保険適用となる抗コリン薬です。
通常、成人で1日3回内服します。
エクリン汗腺の交感神経から発汗の指令を受け取る部分をブロックし、汗を抑えます。
閉塞隅角緑内障、前立腺肥大のある方等、使用できない方もいらっしゃるので、診察時に必ずお申し出ください。