脱毛症・薄毛

脱毛、薄毛の原因は様々で、加齢によるもの、ストレス、過度なダイエット、ホルモンバランスの乱れ、生活習慣の乱れ、誤ったヘアケアなどが挙げられます。
近年、男性だけでなく、女性の方も抜け毛でお悩みの方が多いです。
治療法は年齢、性別、その原因によっても異なりますので、日常生活においての注意点などを含めて、早めの対処が必要です。
当クリニックでは、保険適応の治療を主体としています。
保険適用外の治療では、男性型脱毛症(AGA)の内服薬、女性のびまん性脱毛や産後の薄毛に効果がある内服薬、育毛剤も数種類、取り扱っております。原因、症状に合わせてお勧めさせていただきます。

脱毛の原因

  • 遺伝的要素
  • 加齢によるホルモンバランスの変化
  • 産後の脱毛
  • 過度なダイエットによる栄養不足
  • 生活習慣の乱れ(不規則な生活・睡眠不足・喫煙等)
  • お肌に合わないシャンプー、ヘアケア製品の使用
  • 脂漏性湿疹やカンジタ皮膚炎の等頭皮トラブル

治療方法

  • 外用薬(カルプロニウム塩化物外用液5%)・各種育毛剤の使用
  • 内服薬の使用(ビタミンEや漢方薬)
  • 湿疹、かゆみがある場合は、ローションタイプの外用薬と、場合によってはかゆみ止めの飲み薬も必要になります。
  • AGA内服薬

日常生活でのアドバイス

  • 早めに皮膚科を受診することをおすすめします。
  • 洗髪時は、地肌をこすらないこと。無理に地肌をこすると悪化します。また、シャンプーは使いすぎないようにしましょう。
  • フケのようなものが付着する部分は、サラサラと洗ってください。薬用シャンプーも効果的です。
  • 食事では、毛髪の栄養となるタンパク質(豆類、魚等)、ビタミンE(緑黄色野菜)、ビタミンC(オレンジ、イチゴ等)を多く接種すると良いでしょう。
  • タバコは控えてください。(毛根周囲の血流が悪くなります。)

外用薬の使用方法とマッサージ

外用薬の使用方法

1日に2回(朝と夜)もしくは夜1回を頭頂脱毛部およびその周辺に塗布してください。
使用量は、脱毛部の広さにもよります。1回の目安は、1〜3mlです。塗布後、軽く指の腹で頭皮になじませてください。
爪をたてたりブラシで叩いたりなど、強い刺激は逆効果になる場合があります。

マッサージ方法

下図を参考に、こめかみ・頭部前後・後ろ首筋の軽いマッサージをおこなってください。
外用薬の使用後や、入浴時などリラックスした状態で行っていただくと効果的です。(1日に3分〜5分くらい)
頭頂付近、脱毛部分を直接強くマッサージすると逆効果になる場合があります。