わきが

わきがは、自分ではあまり意識しませんが、他人から指摘されて初めて気づくことが多い病気です。
一旦気にしだすと、その臭いで他人を不快にさせはしないかと悩んでしまいます。
わきに臭いのない人、汗をかかない人はいませんので程度問題ですが、日本人は特にわきがを気にする人が多く、
当クリニックでも多くの患者様が治療を受けています。

わきがの原因

臭いのもととなるのがアポクリン腺、汗のもととなるエクリン腺です。
わきがの方はこの数が多いといえます。治療では、アポクリン腺、エクリン腺を取り除くことにあります。

手術内容

切開吸引法

切開法と吸引法のよいところを組み合わせた安全、確実な方法です。

手術前に脇の毛は剃り、手術当日は前開きのゆったりとした服装でご来院ください。
わきのシワに沿って、3~4cm切開し、確実にアポクリン腺とエクリン腺を除去します。局所麻酔で手術を行い、入院の必要はありません。
切開線は、わきのシワに沿いますので、半年程で傷はほとんどわからなくなります。
術後2日目以降はおへそから下のシャワーは可能です。
術後、約3~4日間、包帯で患部を圧迫します。その後ガーゼを除去し、抜糸は7日目から14日目で終了します。入院の必要はありません。

注意点・副作用

  • 抜糸まで血流を活発にする行為(サウナ・温泉・激しい運動・飲酒)はお控えください。
  • 手術後は包帯で脇を固定しますので、腕はできるだけ上げず、脇を閉じた状態で安静にお過ごしください。
  • 手術後1か月くらいに手術部位が硬くなり、色素沈着しますが、次第に柔らかくなり色も消えてきます。
  • 個人差はありますが6か月程度で目立たなくなります。
  • ケロイド体質の方の場合は傷跡が赤く硬くなる場合がありますので注意が必要です。
  • 通常は起こりえませんが、どの様な手術においても、ごくまれに細菌感染を起こす可能性があります。
  • テニス・バレーボール、水泳等の運動ができるのは、手術後2週間以降ですが、様子を見ながら徐々に慣らしていってください。
  • 合併症として、手術部位に血腫・内出血が起こる場合があります。その際は早めに適切な処置が必要となります。

わきが手術後の瘢痕治療について

他院で手術を受けて、傷痕が目立ってしまいお困りの方がいらっしゃいます。
再縫合することで、目立たなくすることができます。お気軽にご相談ください。
(ひきつれがある場合は、保険適用です)

手術費用

切開吸引法 165,000〜187,000円

(税込)