痛くない治療

当クリニックは開業時より“自分がされていやな事は人にしない”という考えのもと、
“痛くない治療”を実践しています。

痛くない為の最大限の7つの工夫

麻酔での工夫

  1. 針は細ければ細いほど痛みが少なくなります。
    当クリニックでは、30ゲージという、極細の針を使用することで、
    殆ど痛みを感じない注射をすることができます。
  2. 麻酔注射を打つ前に、皮膚を少しつねります。
    つねられた痛みにより、針の痛みをより和らげることができます。
  3. 麻酔は、ゆっくりと注入します。
    時間はかかりますが、痛みはかなり抑えることができます。
    また、顔へ麻酔する場合は、毛穴から針を挿入ことで
    痛みをさらに和らげることができます。
  4. 麻酔範囲が広い場合は、麻酔のかかったところから
    徐々に注射を行い、ゆっくりと広げていきます。
  5. 麻酔液は、冷たいと注入時に違和感を覚えたり、
    痛みを感じたりします。
    事前に体温と同じ温度まで温めておきます。
  6. 麻酔は強酸性なので中性にしてから入れると
    痛みを和らげることができます。
  7. どうしても怖いと感じてしまう人や、お子様、痛みに敏感な方は、
    麻酔シールを貼ってから注射します。

手術・抜糸での工夫

  • 手術は全て院長が行います。
    8割の患者様が、術後の痛みをあまり感じず、
    「どうして痛くないのですか?」と聞かれるほどです。
  • 縫合は、ナイロン糸や、吸収糸を使用します。
    ナイロン糸はよく滑る為、抜糸時の痛みはありません。
縫合にはアール状の針を使用します。

手術についてのアンケート結果

  • 麻酔の痛み
    麻酔の痛み
  • 術後の痛み
    術後の痛み
  • 手術の結果について
    手術の結果について